テロ-貧困-難民問題の解決プラン

- -


街カフェTVの放送


以前のブログ


フェイスブック




テロ-貧困-難民問題の解決プランを世界に向けて発信】




明確なテロ-貧困-難民問題の解決プランを持って市民活動を続けている。。

今回は、私の「テロ・貧困・難民問題解決プラン」の英語訳を、ユースホステルで出会った若者らが手伝ってくれました。

  感謝・・

2014年大阪市長選挙で発表した、テロ-貧困-難民問題の解決に繋がる「食料・エネルギー自給自足プラン」がある。


1_2017021603173644c.jpg 


大阪市長選挙 


これからの世界に必要な政策を語るとしよう。

既に、私の書いた上記イメージ画と同じ発想で、清水建設が海上浮体都市を設計している。。どっちが後か先はどうでもよくて、答えは単純だから、みんな考える事は同じになるのだ。真剣に考えれば収斂されて似たような方向へ進む。


【清水建設/グリーンフロート】

2_2017021600370926f.jpg 

3_20170211221731c64.jpg 


この巨大な浮体の上に出来る巨大なコロニーには1万人が生活可能だ。。私の故郷高知県本山町は3000人台・・。まさに、海上に緑の都市/グリーンフロートが出来あがるのだ。

このプランは、テロ-貧困-難民問題の解決プランとして世界の人々に紹介する必要がある。世界で行き場を失っている難民の受け入れ先として、フロンティアとして相応しい、すぐさま実現可能な近未来都市だ。


05.jpg 


4_20170211221733c61.jpg


005.jpg


原発などなくても社会は元気になれる。。原発の存在が社会発展の足枷になっている事は、物事を理詰めで考える事が出来る人なら容易く理解出来る。

上記大阪市長選で、新聞・テレビ報道は、橋下徹氏が訴える都構想の是非ばかりを取り上げ、私のテロ-貧困-難民問題の解決に繋がるプランを黙殺した。。

私の構想がマスコミに紹介されれば、社会に大きなインパクトを与え、日本政府の原発政策も変更せざるを得なくなっていた事だろう。。本当にマスコミは話題を抑えるポイントを心得ている。その周到さ、抜け目の無さには舌を巻く。

自身の政策を広く世に知らしめるために出馬した選挙が多かったが、肝心の政策をマスコミに黙殺された痛みは限りなく大きかった。

上記大阪市長選から数年を経て私の構想はブラッシュアップされ、オーストラリアのタスマニア島から来た若者たちに説明すると、片言の英語ながら瞬時に理解された。。彼らは、オーストラリアでジャーナリズムや社会学を勉強しているという。

そして、米トランプや英メイなどの無策を嘆き、世界に壁を造り孤立するのではなくて、世界の人々が地球をシェアーするべきだと・・私と一緒に世界の人々に訴えて行こうと約束し、英語への翻訳を手伝ってくれたのだ。

ありがとう、未来の開拓者達・・
きっと、私がイメージする平和で安全な巨大都市には君達が住んでいるだろう。

タスマニアンガイ 


 * * *   * * *



このブログを、私の行動記録をまとめた「随筆」の下書きにしようと考えています。。これまで多くの方から「藤島さんのやってきた事を本にしたら?」などと言われ、「そのうち書きますよ。」などと愛想良くしつつも結局は逃げてきました。


国民の皆様からの寄付に支えられて来た私の活動の趣旨からして、何らかの形にして行動の記録を残さなければならない。。という事は重々承知していましたが、それでもなかなか時間が取れずに・・


こうした言い訳をしながら放りっ放しにして来ました。。しかし、いつまでも逃げられるわけでもないので(笑)、この辺で観念して、とにかく下書きを作っておこうと思います。


そんなわけでブログの感覚が少々変わりますが、何はともあれ記憶を止める意味でも書き綴ります。


どうぞ宜しくお願い致します。


街カフェTV活動費カンパ寄付のお願い

 

【郵便局】 当座 一六九店 75499  「真実の基金」

  *郵便局ATMからは⇒ 記号番号:016605-75499 真実の基金

 

       * * *

Fujiwan


街カフェTVの活動は、国民の皆様の善意で成り立っております。

ご提供戴いたカンパ・寄付金は、冤罪事件解決、脱原発社会・真実が溢れる社会の実現に向けた街カフェTVの活動費とし努力を継続致します。

よろしくご協力ください。

 

藤島利久ゆるキャラ「フジワン」⇒ 

土佐犬キャラです。ヨロシク!

携帯 090-1003-1503 

メール kochi53@triton.ocn.ne.jp

 

 

 ■ 街カフェTVの録画一覧 

 

ページトップ