夢 ~ テロ・貧困・難民問題解決に向けて

- -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


街カフェTVの放送


以前のブログ


フェイスブック



【夢 ~ テロ・貧困・難民問題解決に向けて】

夢~ 



夢・・

そうではあるが遥か遠い夢ではない。。現在すでに存在する技術と思想で造り出せる現実的未来都市だ。

 。。。 。。。 。。。

分け与えなさい。

人々の営みによって生み出されるエナジーも食物も膨大だ。

分け与えなさい。。人間は沢山のものを生み出せるのだから・・


Drops:



地球の全ての物質・思想はシェアーするべきであって奪い合ってはいけない。

ネイティブな人々の暮らしがそうであるように、獲れた食物を平等に分ける営みでコミュニティーを維持しなければならない。。そして、それはできる。長い年月、我々の祖先は自然にそうして来たのだ。

殺し合い、奪い合って現代に続いている人類史は、遠く長い過去の平和的営みの後に起きた悲劇なのだ。。本来、人類は寛容で人に物を分け与える事を喜びとして捉える事が出来る。

トリクルダウンは人々の犠牲の上に成り立つ。。憎しみと争いを生むだけで全ての人々を潤す事は出来ない。。間違った考え方であり争いを生む元凶だ。

我々人類は、テロ・貧困・難民問題の解決策を見出さなければならない。

新しく世界のリーダーになった、トランプ・メイ・安倍らが、こうした難題解決に向けて何の具体策も持たない事は、人類史に繰り返される悲劇である。

しかし、海上浮体都市構想は、こうした難題を解決する決め手になるだろう。。

私が大阪市長選挙に出た時には、浮体式洋上風力発電+野菜工場+魚介類養殖場に防災を加えた都市について「防災海上都市構想」と説明した。

      大阪市長選出馬記者会見の動画はこちら
  

1_2017021603173644c.jpg 


ここに居住区が生まれることは自明の理だ。

我々が創造を目指す海上浮体都市の巨大コロニー(居住区/生活空間)には、平等配分の義務があり、人々は食物とエネルギーと教育・医療・福祉など・・あらゆる基礎的サービスを等しく受け取る権利がある。

私が考えているのは、恐らく「ベーシックインカム」の自立型モデルなのだろう。。自分で考えて行動した事を、後になって整理して社会にある言葉を探して当てはめるとシックリくる。

「クラウドファンディング」がそうだった。。街カフェTVでやって来た活動を整理すると、寄付型クラウドファンディングだった。私がスタートを切った時に、世の中に言葉が普及していなかっただけで、皆考える事は似通っている。

海上浮体都市構想においては、既に、大手の清水建設が具体的設計を施して実現可能なモデルを幾つか提案している → シミズドリーム

http://www.shimz.co.jp/theme/dream/


2_2017021600370926f.jpg  


こうした実現可能なモデルに加えて、私の構想では、海上浮体都市の居住区における全ての人々に対して、基本的生活に要する食料・エネルギーが平等に分け与えられ、教育・医療・福祉などあらゆる社会的サービスを無料にする事が可能だ。

勿論、基本には労働の対価という考え方がある。

海上都市に暮らす人々には、都市を維持するための労働の対価として、衣食住とエネルギーに加え、あらゆる社会的サービスが提供されるわけだが、極めて高効率生産の維持が可能な都市ゆえに、働く人々以外に老人や子どもら所謂社会的弱者を多数受け入れる事が可能だ。

一般的都市以上に・・

23.jpg 

25.jpg

27.jpg 


6.jpg 



高効率生産基地(海上浮体都市)に住む人々は生活する事自体には困らない。。公共交通機関も無料になる。

社会の基本的部分において競争が無くなる事で世界はどう変わるのか?

このプランが実現する頃には、ビットコインで世界は変わっているだろう。。銀行が無くなり、人々は自ら資金を融通し合う。

いったいどんな世界になるのか?

携帯電話があっと言う間に普及してスマートフォンという小型PCに変わったように、未来のコロニーは海上・海中、宇宙へと瞬く間に広がって行くだろう。

  人々は・・
    
      必要なものを自然に受け入れてゆく。。それだけだ。


【グリーンフロート】




 

 * * *   * * *



このブログを、私の行動記録をまとめた「随筆」の下書きにしようと考えています。。これまで多くの方から「藤島さんのやってきた事を本にしたら?」などと言われ、「そのうち書きますよ。」などと愛想良くしつつも結局は逃げてきました。


国民の皆様からの寄付に支えられて来た私の活動の趣旨からして、何らかの形で行動記録を残さなければならない。。という事は重々承知していましたが、それでもなかなか時間が取れずに・・


こうした言い訳をしながら放りっ放しにして来ました。。しかし、いつまでも逃げられるわけでもないので(笑)、この辺で観念して、とにかく下書きを作っておこうと思います。


そんなわけでブログの感覚が少々変わりますが、何はともあれ記憶を止める意味でも書き綴ります。


どうぞ宜しくお願い致します。


街カフェTV活動費カンパ寄付のお願い

 

【郵便局】 当座 一六九店 75499  「真実の基金」

  *郵便局ATMからは⇒ 記号番号:016605-75499 真実の基金

 

       * * *

Fujiwan


街カフェTVの活動は、国民の皆様の善意で成り立っております。

ご提供戴いたカンパ・寄付金は、冤罪事件解決、脱原発社会・真実が溢れる社会の実現に向けた街カフェTVの活動費とし努力を継続致します。

よろしくご協力ください。

 

藤島利久ゆるキャラ「フジワン」⇒ 

土佐犬キャラです。ヨロシク!

携帯 090-1003-1503 

メール kochi53@triton.ocn.ne.jp

 

 

 ■ 街カフェTVの録画一覧 

 

ページトップ