憲法9条と憲法79条は、他国に類を見ない民衆寄りの国家権力制限法/ベアテが日本国民に贈った「もう一つのプレゼント」



【憲法9条と憲法79条は、他国に類を見ない民衆寄りの国家権力制限法/ベアテが日本国民に贈った「もう一つのプレゼント」】

(2009年頃のブログ記事の再掲載です。2007年に高知市内で始めた街頭演説からもう9年、早いものだ。この活動を継続して全国を廻り、国会周辺での国民集会・官邸前行動に繋げた。)
県庁前演説 2007年 


高知白バイ事件に怒った国民からの最高裁に対する不信任は免れない・・・

 高知白バイ事件や小沢一郎氏検察審査会問題では、ウェブ上に絶え間なく記事やコメントが寄せられ、国民の感心の高さを窺い知ることが出来るが、果たして国民は、我国の首相に与えられた「衆院解散」という「伝家の宝刀」に伍して、「最高裁判事の罷免」という日本国民固有の「伝家の宝刀」を抜き、ふざけた裁判官らを処分することが出来るだろうか?

木苺 


ベアテらGHQ民生局が、日本国民に贈った「もう一つのプレゼント」

 憲法79条に規定された「最高裁判所裁判官国民審査」は、国民が最高裁の裁判官を罷免するかどうか審査する制度で、国民が唯一持つ「伝家の宝刀」と言える。調べれば憲法79条は、憲法9条と並んで、他国に類を見ない極めて民衆寄りの国家権力制限法であった。先ごろ話題になったベアテ・シロタ・ゴードンらGHQ民生局が日本国民に贈った「もう一つの偉大な民権プレゼント」のようだ。 

 「国民審査権」は、GHQ組織の中で、ベアテら民生局が、参謀部(軍事部門)とせめぎ合いながら、当時では画期的な先進法を、日本国憲法草案の中に「こっそりと滑り込ませた」ものらしい。と言うのも、憲法79条の起草過程がはっきりとせず、アメリカ本土では排斥され、幾つかの州法に名残があるだけになっているからだ(当時ミズーリ州で創られた法が元のよう)。 

 以前、国会図書館HP公開の国会法立案過程におけるGHQとの関係という文書を見てから感じていることだが、GHQでは軍部と民権派の激しい綱引きがあり、ベアテの上司ら民生局の法律専門家が、理想の国家像を追い求め、本国アメリカでは認められない先進的憲法理念を、日本国憲法の中に込めたようだ。「国民審査権」はアメリカでは排斥された。現在の合衆国最高裁判所の裁判官は終身制で、辞任・引退・弾劾裁判以外の理由では解任されない……国家権力の固定化だ。 

 なんとも皮肉な話だが、とにもかくにも、我が日本国には「国民審査権」(憲法79条)がある。日本国民が持つ唯一の「伝家の宝刀」と呼んで差し支えない。ありがたい。やはり、日本国憲法は、極めて勇敢かつ優秀な人材(ベアテら)によって、当時の世界中の先進的憲法学の粋を集めて起草されている。現在もなおこれを凌駕する法は世界に無い。日本国民として誇りに思う。 

 GHQが創った憲法起草案は日本国政府が推敲し国民が了承した。その内容にも成立過程にも瑕疵は無い。問題は、法の番人の権力構造の方だ。 

 白バイ事件のような不当権力行使とおぼしき事件では、本来、最高裁が正義の鉄槌を下す……と国民は期待しているから、その裏返しの不満が爆発寸前まで膨張している。同事件では、最高裁・検察庁・警察庁への不信感が渦巻いているが、その最高裁判所長官は総理大臣が選んだ内閣が指名する。警察庁の長官人事も総理大臣が指名した国家公安委員会が握っている。

 小沢一郎氏は、検察庁のトップ、検事総長の人事を検察から取り上げ、国会承認を必要とする司法改革案をもっていたことが、検察との全面対決を生んだようだ。つまり、検察が組織防衛のために小沢氏を潰しにかかったと言うことだ。まるっきり、高知白バイ事件での警察庁の組織防衛犯罪が重なる。これに裁判所が協力する姿勢を既に見せている。恐ろしい司法構造犯罪だ。

 実のところ、この司法の闇につつまれた高知白バイ事件や小沢氏問題で最も威力を発揮するのが「国民審査」。何しろ最高裁判事を国民の意思で罷免できるのだから強力だ(最高裁の15人の裁判官のうち1人が長官、14人が判事で、任官後直近の国民審査で信任されれば、以後10年間は無審査)。 

 最高裁判事が罷免される事態になれば、あるいは高い不信任率が示されれば、それは国民の最高裁に対する明確な不信任の意思表示だから、最高裁長官の辞任は避けられないこととなろう。 

 但し、歴代裁判官で最高の不信任率は15.17%だ。これまで罷免された裁判官はいない。というのは、国民には「国民審査」の存在と仕組みが全く浸透していないからだ。また、信任投票対象となった裁判官は、自分の名前の欄にバツが入れられなければ、棄権でも白紙でも信任される。 

 国はこの仕組みを、敢えて広報してこなかった。国民に隠していたのだ。。。国民は、こうした国家権力の「こすっからい」手段にいつまでも気付かないのか?はたして、今後の総選挙と国民審査で「国民の反乱」「民権の氾濫」は起こるのだろうか?


 * * *   * * *



このブログを、私の行動記録をまとめた「随筆」の下書きにしようと考えています。。これまで多くの方から「藤島さんのやってきた事を本にしたら?」などと言われ、「そのうち書きますよ。」などと愛想良くしつつも結局は逃げてきました。


国民の皆様からの寄付に支えられて来た私の活動の趣旨からして、何らかの形で行動記録を残さなければならない。。という事は重々承知していましたが、それでもなかなか時間が取れずに・・


こうした言い訳をしながら放りっ放しにして来ました。。しかし、いつまでも逃げられるわけでもないので(笑)、この辺で観念して、とにかく下書きを作っておこうと思います。


そんなわけでブログの感覚が少々変わりますが、何はともあれ記憶を止める意味でも書き綴ります。


どうぞ宜しくお願い致します。


街カフェTV活動費カンパ寄付のお願い

 

【郵便局】 当座 一六九店 75499  「真実の基金」

  *郵便局ATMからは⇒ 記号番号:016605-75499 真実の基金

 

       * * *

Fujiwan


街カフェTVの活動は、国民の皆様の善意で成り立っております。

ご提供戴いたカンパ・寄付金は、冤罪事件解決、脱原発社会・真実が溢れる社会の実現に向けた街カフェTVの活動費とし努力を継続致します。

よろしくご協力ください。

 

藤島利久ゆるキャラ「フジワン」⇒ 

土佐犬キャラです。ヨロシク!

携帯 090-1003-1503 

メール kochi53@triton.ocn.ne.jp

 

 

 ■ 街カフェTVの録画一覧 

 

スポンサーサイト
  •   26, 2017 11:56

WHAT'S NEW?